FC2ブログ
このページは、自分用備忘録としての私のDTMやプログラミングのノウハウ集(別に達人じゃないが)+自作曲掲載の場+絵やらの道楽作品掲載の場として設けたモノであります。






      

10/04のツイートまとめ


morrydtm

これも他のどのバージョンとも間奏が違う。ストリングスの入り方も若干違うしベースも違う。最後まで色々迷っているのです。
10-04 23:20

違和感/ Morry-P https://t.co/O0NGBu8XRe #creofugaAIマスタリングバージョン。
10-04 23:11

@esumiyos @JackAlice2008 出だしからいきなり変態七拍子で快調ですね。
10-04 19:37

@PROTOTYPE_AI @Pyro391 2枚目のソリッドステートサバイバー以降、なんらかの方針転換があったんでしょうね。わかりやすいビジュアル、コンピュータに大型シンセに自動演奏にロボットボイスという機械音楽というミスリード戦略、海外には東洋のエキセントリックさを押し出した戦略に走り出した。
10-04 18:58

@PROTOTYPE_AI @Pyro391 自分も、当初YMOはスタジオミュージシャンのセッションバンド程度に思ってました。
10-04 18:55

@PROTOTYPE_AI @Pyro391 70年代、日本のレコード会社は、フォーク=メジャー、ロック=アングラ という線引きをしていたようです。甲斐バンドなんかは、レコード会社が「これは売れる」と踏んでフォークのジャンルで売り出したのでしょう。
10-04 18:54

@PROTOTYPE_AI @Pyro391 今考えたらロックバンドだと思われる、チューリップやオフコースや甲斐バンドなんかは、70年代にはフォークとしてカテゴライズされてました。この辺の境目はかなり曖昧ですね。甲斐バンドなんか、はっぴいえんどより遥かにロックな音ですから。
10-04 07:57

@PROTOTYPE_AI @Pyro391 日本のフォークといえば、叙情性や生活感を出した四畳半フォークだったり、ちょっと赤がらみの反戦フォークだったり、普通のラブソングだったり。はっぴいえんどはこれらとは違う感じですね。
10-04 07:55

Posted by モオリイ at 2018/10/05 04:05 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
10/04のツイートまとめへのトラックバックURL


onibanner.jpg
リッケンバッカー欲しいなら、楽天ブログ「リッケンバッカーの鬼」へ

DTM機器のショッピングは、

楽天「DTMは盆栽いぢり感覚」ショップへ